MENU
アーカイブ
\ 最大10%ポイントアップ! /詳細を見る
PR

AbienマジックグリルとマジックグリルSの違いを比較!どっちがオススメ?

当サイトのリンクではアフィリエイト広告を利用しています。
  • URLをコピーしました!


アビエン「マジックグリル」と「マジックグリルS」の違いを比較して、徹底解説します。

アビエンマジックグリルとアビエンマジックグリルSの違いを比較したところ、以下の4つの違いがありました。

つの違い

  • プレートの形状
  • 本体のサイズ
  • 重さ
  • 価格

大きく違うのは「プレートの形状」「本体サイズ」の2点です。

形状やサイズの違いとしては、

マジックグリル(W40.5cmxD30.5cm)

大きめの一枚板のプレート

2~4人で囲んで焼肉をしたりできるサイズ
⇒焼肉・焼き鳥パーティーなどにおすすめ

マジックグリルS(W25.3cmxD24.6cm)

縁のあるスクエア型のプレート

1~2人暮らしにおすすめのサイズ
⇒すき焼きやアヒージョなど汁物の調理ができる

2022年にリニューアルし、機能は基本的に同じです!

ご家族やお友達などの大人数で使用するなら、縁まで使って広範囲で焼ける「マジックグリル」を選ぶのがおすすめです。

平らな縁なしのプレートなので、串のある焼き鳥などもワイワイみんなで楽しく焼けます。

一方で、一人暮らしやシニア世代などの少人数のおすすめなのは、縁の付いた小さめサイズのマジックグリルSです。

テーブルの上でも邪魔にならないサイズ感と、縁があることで焼きものから汁ものまでと、幅広い調理に対応できるので、ミニマムな1~2人暮らしのご家庭にはとっても便利です。

この記事では、「アビエンマジックグリル」「アビエンマジックグリルS」の違いについて、ひとつひとつ比較していきます。

どちらを購入しようか迷っている方は、参考にしてくださいね。

本文にて、詳しくお話ししていきますね。

▼3人以上の大人数で楽しむなら|縁まで広範囲でムラなく美味しく焼ける【マジックグリル】

▼1~2人暮らしで使うなら|焼肉からすき焼きまで万能調理のできる【マジックグリルS】



目次

アビエンマジックグリルとマジックグリルSの違いを比較!

どちらも「abien」(アビエン)から発売されているホットプレートです。

・マジックグリル
・マジックグリルS

両方とも「マジックグリル」の名前が付いているので、迷ってしまいますね!

違いは、全部で4つありました↓

の違い

  • プレートの形状
  • 本体のサイズ
  • 重さ
  • 価格

「使う人数は何人?」「使いたい用途は?」…迷っている方は、この部分が決め手になりそうですよ!

①プレートの形状の違い

マジックグリルとマジックグリル、それぞれのプレートの形状はこちら↓

マジックグリル

大きめの一枚板のプレート

2~4人で囲んで焼肉をしたりできるサイズ
⇒焼肉・焼き鳥パーティーなどにおすすめ

マジックグリルの鉄板面は、1枚の大きな縁なしのプレート状

一般的なホットプレートの定番メニューだけでなはく、串のある焼き鳥なども並べやすく、各自で焼いて取りやすいのも特徴です。

プレートを囲って数人でステーキを焼いたり、グリルパーティーをしたり、ご家族で焼肉をしたりと、スタンダード+αで活用できるフォームです。

マジックグリルS

縁のあるスクエア型のプレート

1~2人暮らしにおすすめのサイズ
⇒すき焼きやアヒージョなど汁物の調理ができる

マジックグリルSの鉄板面は、煮込み料理などに便利な縁の付いたスクエア形状

高さ21㎜の縁があるため混ぜやすくこぼれにくいので、パラパラしたご飯ものの調理や、野菜炒めなどの炒め料理にも使いやすいのが特徴です。

すき焼きやアヒージョといった、汁もの料理まで調理ができるので、万能に活用してくれます。

ただ、サイズがマジックグリルよりも小さいので、大量の料理には向きません。

マジックグリルと合わせて、2台買いする人も!

②本体サイズの違い

マジックグリルとマジックグリル、それぞれのサイズはこちら↓

マジックグリル(横幅)40.5cm
(奥行)30.5cm
マジックグリルS(横幅)25.3cm
(奥行)24.6cm

・横幅は ⇒ 15.2㎝
・奥行き ⇒ 5.9㎝

の違いがあります。

よりサイズが大きいのが、マジックグリル

ご家族で焼肉をしたり、仲間と楽しくグリルパーティをしたりなど、複数人で使う機会が多い場合は、サイズが大きく縁までしっかりと使えるマジックグリルが最適です。

3人以上でメインプレートとしての使用なら、サイズの大きいマジックグリルが便利。

マジックグリルグリルSは、スクエア型の大皿くらいの大きさです!

コンパクトなのが、マジックグリルS

マジックグリルSは、日本のダイニングテーブルに馴染む大きさで設計されています。

一人暮らしのランチタイムにサッと炒飯を作ったり、魚焼きグリルとして使ってみたり、そのまま机の上で、毎日活用するのにも便利な大きさ。

旦那さんやお父さんへ、お酒の「おつまみ用プレート」としての使うのもおすすめですよ。

③重さの違い

マジックグリルとマジックグリル、それぞれのサイズはこちら↓

マジックグリル約3.1kg
マジックグリルS約1.8kg

重さは、1.3kgの違いがあります。

より軽いのがマジックグリルSです。

結構な違いがありますね!

これは、マジックグリルとマジックグリルSの形状や、サイズの違いによるものなので、迷った時は「使う人数」「使いたい用途」「サイズ感」を重視して選ぶと良いです。

④価格の違い

アビエン公式サイトを参考にすると、価格は以下の通りです。

※2023年3月時点

  • マジックグリル:23,980円(税込)
  • マジックグリルS:18,480円(税込)

マジックグリルSの方が、少しお求めやすい価格ですね!

▼大人数で楽しむなら|縁まで広範囲でムラなく美味しく焼ける【マジックグリル】

▼少人数で使うなら|焼きものから汁ものまで万能に使える【マジックグリルS】

アビエンマジックグリルとマジックグリルS|概要と特長は?

マジックグリルとマジックグリルSの違いを一覧表にまとめました。

スクロールできます
マジックグリルマジックグリルS
型式XGM24-BKXGS24-BK
電源100V 50Hz/60Hz100V 50Hz/60Hz
消費電力約850W約850W
サイズ約幅40.5×奥行30.5×高さ7.9cm
(高さ:スタンド脚含む)
約幅25.3×奥行24.6×高さ9.9cm
(高さ:スタンド脚含む)
重量約3.1kg
プレート2.56kg
スタンド脚480g
約1.8kg
プレート1.2kg
スタンド脚480g
材質<スタンド脚>
ナイロン+ガラス繊維
ポリカーボネート
ABS樹脂
<プレート>
アルミ
ステンレス
シリコン
<スタンド脚>
ナイロン+ガラス繊維
ポリカーボネート
ABS樹脂
<プレート>
アルミ
ステンレス
シリコン
ヒーターサーキットヒーター
(フィルムヒーター)
サーキットヒーター
(フィルムヒーター)
温度制御方式センサーレス制御センサーレス制御
温度設定【 4段階 】
・WARM:約100℃
・LOW:約150℃
・MID:約190℃
・HI:約250℃
2時間自動OFFタイマー付き
【 4段階 】
・WARM:約100℃
・LOW:約150℃
・MID:約190℃
・HI:約250℃
2時間自動OFFタイマー付き
セット内容プレート
スタンド脚×2
電源コード
プレート
スタンド脚×2
電源コード
コードの長さ約1.8m約1.8m
保証1年間1年間
生産国中国中国

▼大人数で楽しむなら|縁まで広範囲でムラなく美味しく焼ける【マジックグリル】

▼一人暮らしやシニア世代にもおすすめ|焼きものから汁ものまでの万能選手【マジックグリルS】

アビエンマジックグリルとマジックグリルSの共通の特徴

続いて、マジックグリルとマジックグリルSは共通点が多いので

ご紹介していきますね。

共通点

  • 独自開発サーキットヒーター
  • アルミダイキャストシート
  • センサーレス温度制御機能
  • 焦げ付きにくいコーティング
  • 4段階の温度設定機能
  • 分解して丸洗い可能

基本的にマジックグリルSは、マジックグリルの特徴をそのまま生かしつつ、形状とサイズをチェンジしたものです♪

共通点①独自のサーキットヒーター

極薄の高密度サーキットヒーター

出典:アビエン公式サイト

独自に開発の熱源を高密度に配置した「サーキットヒーター」で、面全体を均等に加熱します。

従来のホットプレートが棒状のヒーターで局地から鉄板を温めるの対し、アビエン マジックグリルは鉄板にサーキットヒーターを張りめぐらし、プレート全体に熱が伝わる構造を採用。

そのため、焦げ付きにくく、煙が少ないのも特徴です。

表面を焦がさず、水分をキープしながら、芯までしっかりとした火入れすることで、食材をムラなく焼くことができます。

みずみずしく、ふっくらジューシーに焼き上げてくれます♪

共通点②アルミダイキャストシート

直火と遠赤外線効果でグリルのような焼き加減

出典:アビエン公式サイト

プレートの鋳造方法に「アルミダイキャスト」という方法を採用することで、スキレットのように高い蓄熱性で食材を美味しく焼き上げることができます。

さらに、マジックグリルのプレートから伝わる熱だけではなく、サーキットヒーターから放出される熱の風による遠赤外線効果もプラスされ、高い蓄熱性で食材の芯までしっかり火を通してくれます。

食材がふっくら美味しく焼きあがります♪

共通点③センサーレス温度制御機能

ヒーターが食材の温度をキャッチし、煙と嫌な匂いを制御

出典:アビエン公式サイト

プレート全体に張り巡らされたヒーターそのものがセンサーとして機能し、食材を置いた時の温度変化を瞬時にキャッチし、設定温度を正確に守ります。

食材が焦げにくくなるため、煙の発生を最小限に抑えることで、嫌な匂いをお部屋に残さないようします。

煙を抑え、嫌な匂いを「美味しい香り」へとシフト!

共通点④焦げ付きにくい独自コーティング

油に頼らず、つるつるすべすべ

出典:アビエン公式サイト

マジックグリルのプレートに施された独自のコーティング技術は、少量の油でも食材のすべりを良く、焦げつきを防止してくれる効果があります。

一般的なフッ素やセラミックに比べて、マジックグリルはプレートを洗った後も、油汚れが残らないように作られているので、お手入れが簡単ラクラクなのが特徴です。

簡単な油汚れであれば、ペーパーやふきんでサッと拭きで取れます♪

共通点⑤4段階の温度設定機能

ホットプレートを超える、多彩な調理が可能

出典:アビエン公式サイト

4段階の温度制御

2時間自動OFFタイマー付き

  • WARM約100℃
    ⇒出来上がった料理を温かいまま保つ
  • LOW約150℃
    ⇒焦げやすい食材にベスト
  • MID約190℃
    ⇒どんな食材にも合う温度
  • HI約250℃
    ⇒高温で焼き目をつける

温度を調節することで、多彩な調理を楽しむことができます♪

共通点⑥分解して丸洗いが可能

分解して洗えてお手入れも簡単

出典:アビエン公式サイト

プレートは、水での丸洗いが可能です。

スタンド脚を外せばさらにコンパクトになり、収納スペースをとりません。

またスタンド脚はマグネット付きなので、プレート裏面にくっつけたり、脚同士をくっつけて収納できます。

お手入れしやすく、収納場所にも困りません。

分解して丸洗いができるので、とにかくお手入れが簡単です!

▼大人数で楽しむなら|縁まで広範囲でムラなく美味しく焼ける【マジックグリル】

▼一人暮らしやシニア世代にもおすすめ|焼きものから汁ものまでの万能選手【マジックグリルS】

マジックグリルがオススメな人

マジックグリルを選ぶポイントは、ズバリ「フラットなプレート形状」「サイズ」です。

大きな魅力は、大人数で使用できというところですよね。

家族みんなで焼肉を楽しみたい
・友達を呼んで楽しいグリルパーティー
・ご近所さんと庭先でバーベキュー

といったような用途で使うのであれば、サイズが大きく、縁まで広範囲で焼けるマジックグリルが便利ですよね。

マジックグリルは、焼肉やお好み焼きといった、ホットプレートで作る定番のレシピから、驚くほど美しく焼けると評判のパン、ケーキ、クレープ、ローストビーフまで、ご家族でも幅広く使えるスタンダードなサイズです。

なので、大人数で使用することが多い場合は、マジックグリルがおすすめですよ♪

↓マジックグリルの口コミ記事はこちら

>>【お手入れが簡単な未来型ホットプレート】abienマジックグリル「XGM24-BK」の記事はこちらからご覧になれます。

▼3人以上の大人数で楽しむなら|縁まで広範囲でムラなく美味しく焼ける【マジックグリル】

マジックグリルSがオススメな人

マジックグリルを選ぶポイントは、ズバリ「縁がある形状」「サイズ」です。

大きな魅力は、焼く・煮る・炒めるの調理ができるというところですよね。

・一人暮らしだからサッと使えるものが良い
・シニア世代なのであまり量は食べない
・手軽に毎日使える調理家電のサブがほしい

といったような用途で使うのであれば、高さ21㎜の縁がついたコンパクトサイズ、マジックグリルSが最適です。

マジックグリルの長所はそのままに、毎日使うのにちょうどいいデザインにこだわったモデルなので、「アサリの酒蒸し」「チーズフォンデュ」「すき焼き」「アヒージョ」など、アイデア次第でレシピや料理の幅もぐんと広がります。

毎日の料理に使いたい人、シニア世代、ミニマムな1~2人暮らしの方におすすめです。

▼1~2人暮らしで使うなら|焼肉からすき焼きまで万能調理のできる【マジックグリルS】

まとめ|AbienマジックグリルとマジックグリルSの違いを比較!どっちがオススメ?

以上、アビエンマジックとマジックグリルSの違いをお伝えしました。

おさらいすると、違いは次の4つでしたね!

4つの違いはこちら

  • プレートの形状
  • 本体のサイズ
  • 重さ
  • 価格

プレートの形状やサイズ、価格の違いはありますが、機能的にはほぼ変わりはありません。

それよりも、購入の決め手として検討したいのが

  • 何人で使うのか?
  • どんなシーンや目的で利用するか?

という点ですね。

使用する人数や、主に使用したい場面によって、どちらのプレート形状やサイズが必要になってくるのか違ってきます。

複数人で集まる場所で使用する機会が多かったり、大きいプレートを使いたいという場合は、縁がなく広範囲まで焼けるサイズの大きいプレート「マジックグリル」が良いですね♪

朝食、ランチ、おやつに、夕食、バーベキューにも大活躍です。

一方で、一人暮らしやシニア世代などの少人数で使う、テーブルに置いたままにして手軽に使いたという場合は、縁のあるコンパクトサイズ「マジックグリルS」の使い勝手が良さそうです。

マジックグリルSは、1台で「煮る・焼く・炒める」の万能調理ができるので、1~2人暮らしのミニマムな家庭であれば、何かと重宝してくれます♪

「人数」「どんな状況で使いたいのか?」を考えて、検討してみてくださいね!

▼3人以上の大人数で楽しむなら|縁まで広範囲でムラなく美味しく焼ける【マジックグリル】

▼1~2人暮らしで使うなら|焼肉からすき焼きまで万能調理のできる【マジックグリルS】

マジックグリルとマジックグリルSをお得に購入する方法

\只今キャンペーン実施中/

楽天カードはお持ちですか?

今なら新規入会で5,000ポイントをもらえるキャンペーンをやっています。

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物はもちろん、コンビニやドラッグストア、飲食店やガソリンスタンドなど色々な場所で使えます。

また楽天カードを持っていると、いつもの楽天でのお買い物ポイントが3倍になります。

楽天カードのキャンペーン

  • 楽天カード新規入会&利用
    楽天ポイント5,000ポイント付与
  • 楽天ゴールドカード新規入会&利用
    7,000ポイント付与
  • 楽天プレミアムカード新規入会&利用
    8,000ポイント付与
  • 楽天ANAマイレージクラブカード新規入会&利用
    12,000ポイント特典プレゼント
  • キャッシング枠をご希望
    最大で2,000ポイント付与

>>>楽天カードの新規作成はこちらから

持っていると様々な面で使い勝手の良いカードなので、もしお持ちでなかったら、ぜひこの機会に作って下さいね。

ポイント分を差し引いた金額で、お得な購入ができますよ!

ー ブログランキング参加中 ー
にほんブログ村 PC家電ブログ PC家電レビューへ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次