MENU
アーカイブ
\ ポイント最大11倍! /詳細を見る
PR

エコバックスDEEBO T1 OMNIとT20 OMNIの違いを比較!どっちがおすすめ?

当サイトのリンクではアフィリエイト広告を利用しています。
  • URLをコピーしました!

エコバックスの『DEEBOT X1 OMNI』(2022年3月発売)と『DEEBOT T20 OMNI』(2023年6月発売)の違いを比較して、ご紹介していきます。

エコバックスDEEBOT『X1 OMNI』と、エコバックスDEEBOT『T20 OMNI』には、それぞれ8つの違いがありました。

主な違い

  • 本体カラー
  • 吸引力の強さ
  • 価格
  • ブラシの素材
  • 清掃モード数
  • モップの洗浄温度
  • 障害物回避システム
  • クリーニング機能

基本的な機能は同じですが、新型『エコバックスDEEBOT T20 OMNI』は、全ての性能面が更にグレードアップしたモデルです。

どっちがおすすめなのかについてですが、

価格よりも機能や性能面を特に重視したいという方は、高機能ですべてを手間なく全自動でこなしてくれるDEEBOT T20 OMNIの購入がおすすめです。 

また、障害物回避レベルを重視する方や、価格を少しでも抑えつつ、高性能なロボット掃除機が欲しいという方には、DEEBOT X1 OMNIの購入がおすすめ。

  • 機能重視
    新モデルDEEBOT『T20 OMNI』がおすすめ
  • 障害物回避レベルや価格重視:
    DEEBOTX1 OMNIがおすすめ

どのように違うのかを詳しくご紹介していきますね!

エコバックスDEEBOT『X1 OMNI』はこちら↓

エコバックスDEEBOT『T20 OMNI』はこちら↓



目次

エコバックスDEEBOT『X1 OMNI』と『T20 OMNI』の違いを比較

エコバックスDEEBOT『X1 OMNI』と『T20 OMNI』の違いを、比較表で分かりやすくご紹介します。

違う部分の比較表

エコバックスDEEBOT『X1 OMNI』と『T20 OMNI』の違いを比較してみたら、主な違いは8つありました。

それがこちらです↓↓↓

  • 本体カラーが変わった
  • 吸引力がパワーアップ
  • 価格が上がった
  • ブラシの素材が変更になった
  • 清掃モード数が増えた
  • モップの洗浄温度が変わった
  • 障害物回避システムの変更
  • クリーニング機能の種類が増えた
スクロールできます
DEEBOT『X1 OMNI』DEEBOT『T20 OMNI』
本体カラーブラックホワイト
吸引力5000Pa6000Pa
公式価格最新価格はこちら
楽天市場公式ショップ
最新価格はこちら
楽天市場公式ショップ
ブラシ素材毛とラバーの混合素材ラバー素材
清掃モード数清掃パターン×2清掃パターン×4
モップ洗浄温度冷水温水55℃
障害物回避システムTrue Detect2.0
障害物回避システム「AIVI3.0」
高性能HDRカメラ搭載
地平線Sunrise3チップ
True Detect3.0
クリーニング機能なし自動リフトアップ機能
エッジディープクリーニング機能

詳しい違いは、それぞれこちらになります!

比較と違い①:本体カラー

画像引用リンク先:楽天市場

エコバックス『DEEBOT X1 OMNI』ではブラックだった本体カラーが、新モデル『DEEBOT T20 OMNI』では、ホワイトに変更となりました。

本体カラーがホワイトに変更になったことで、圧迫感が減り、よりインテリアに馴染みやすくなりました。

ワンカラーでの展開

DEEBOT X1 OMNI本体色:ブラック
DEEBOT T20 OMNI本体色:ホワイト

比較と違い②:吸引力の強さ

より吸引力が高いのが、DEEBOT T20 OMNIです。

それぞれの吸引力の違いはこちら↓

DEEBOT X1 OMNI5000Pa
DEEBOT T20 OMNI6000Pa

一般的なロボット掃除機のPaは、2500~3000Pa程度といわれています。

エコバックスDEEBOTの新モデル『T20 OMNI』では、そのさらに上を行く6000Paという強力な吸引力にパワーアップ。

一方のDEEBOT『X1 OMNI』の吸引力(5000Pa)も、業界では最強クラスのハイパワーに相当します。

吸引力で選ぶなら、DEEBOTの新モデル『T20 OMNI』がおすすめです。

吸引力なら「T20 OMNI」一択!

ロボットクリーナー業界の中でも、最上級の吸引力を誇ります♪

比較と違い③:価格設定

ECOVACSの公式ショップを参考にすると、価格は以下の通りです。

公式ショップでは、『DEEBOT X1 OMNI』がお求めやすい価格にプライスダウンされていますよ!

ECOVACS公式ショップだけではなく、

  • 楽天市場
  • Amazon
  • Yahoo!ショッピング など

最安値で購入したいという方は、各サイトをこまめにチェックして決めるのがおすすめです。

↓楽天の最安値はここからチェックできます

比較と違い④:ブラシの素材

それぞれのブラシの素材はこちら↓

DEEBOT X1 OMINI毛とラバーの混合素材
DEEBOT T20 OMNIラバー素材

エコバックス『DEEBOT T20 OMNI』では、メインブラシにラバー素材(ゴム)が使われています。

この変更により、髪の毛やペットの毛などの気になるゴミを〝吸い上げる力〟が、従来のDEEBOTよりも更に強力になりました。

その反面、床材にデリケートな゙素材が使用されている場合は、柔らかい毛とラバーの混合ブラシが採用された『DEEBOT X1 OMNI』がおすすめです。

ラバー素材は髪の毛が絡まりにくい!

  • 髪の毛が絡まりにくい:
    DEEBOT T20 OMNIがおすすめ
  • デリケートな床材への傷などが心配:
    DEEBOT X1 OMNIがおすすめ

新モデル『T20 OMNI』は、ラグやカーペットなどの場所もしっかりと掃除できますよ!

比較と違い⑤:清掃モードの数

DEEBOT X1 OMINIとT20 OMNIの、

それぞれの清掃モードの数の違いはこちら↓

お任せ清掃なら「T20 OMNI」がおすすめ

DEEBOT X1 OMINI清掃パターン×2
DEEBOT T20 OMNI清掃パターン×4
  • 吸引&水拭き2in1
    毎日の清掃におすすめのモード。
    ⇒共通の機能
  • 吸引からの水拭き2in1
    ペットや埃などが多いお部屋は、吸引してからの水拭きがおすすめ。
    ⇒T20 OMNIのみ
  • 吸引のみ
    全面カーペット、または水拭きしたくない素材を使った床のお部屋に最適。
    ⇒共通の機能
  • 水拭きのみ
    こぼした飲み物や床のべたつきなど、サッと水拭きしたい時に便利。
    ⇒T20 OMNIのみ

新型モデル『T20 OMNI』から追加された〝2つのクリーニング新機能〟については、この後にご紹介してきます!

エコバックスDEEBOT『T20 OMNI』はこちら↓

比較と違い⑥:モップの洗浄温度

エコバックスDEEBOT 『X1 OMNI』と『T20 OMNI』は、モップ洗浄の温度が異なります。

それぞれのモップ洗浄温度の違いはこちら↓

温水洗浄ができるのは「T20 OMNI」

DEEBOT X1 OMINI冷水
DEEBOT T20 OMNI温水55℃

温水55℃は、動物性油脂などの一般家庭で発生する汚れを落とす最適温度といわれています!

↓↓別売りでDEEBOT専用の洗浄液もあります↓↓

\ポイント最大9倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

比較と違い⑦:障害物回避システム

より多くの障害物回避システムを搭載しているのが、旧モデルのDEEBOT『X1 OMNI』です。

それぞれの障害物回避システムはこちら↓

高性能HDRカメラ搭載は「X1 OMINI」のみ

DEEBOT X1 OMINITrue Detect2.0
障害物回避システム「AIVI3.0」
高性能HDRカメラ搭載
地平線Sunrise3チップ
DEEBOT T20 OMNITrue Detect3.0

障害物回避に関する口コミでは、カメラを搭載した『X1 OMINI』の方が〝優秀〟との声です!

DEEBOT『X1 OMINI』

3D物体回避機能(True Detect2.0)に加えて、障害回避システム(AIVI3.0)を採用し、本体には高性能HDRカメラを搭載。

3つのテクノロジーを使って、障害物を正確に回避するシステムが採用されています。

『レーザー』『搭載チップ』『高性能カメラ』で物体を感知して回避

長期出張・長時間の外出の際などは、遠隔操作でペットや室内の様子をカメラで確認することができます。専用アプリを使うことで、室内との通話も可能。

  • True Detect2.0(3D物体回避機能)
    走行中の障害物をリアルタイムで3Dスキャンし、家具やコード類まで細かく回避しながら清掃。
  • 障害物回避システム「AIVI3.0」
    120万画素の超広角レンズを採用した高性能HDRカメラ「Starlight RGBカメラ」を搭載し、暗所でも障害物を正確に検知。
  • 地平線Sunrise3チップ
    障害物識別までの所要時間を最短で1/20に短縮。AI学習能力により、18種の物体を識別することが可能。

DEEBOT『T20 OMINI』

新モデル『DEEBOT T20 OMNI』では、高性能にバージョンアップした「3D物体回避システム」True Detect3.0)を採用。

高性能レーザーで、ミリメートル単位の小さなものまで、物体の存在をしっかりと感知します。

高性能レーザー』で物体をミリ単位で正確に感知して回避

お子様の小さな玩具など、床面にある危険物を正確に特定し、細やかに障害物を回避してくれます。

  • True Detect3.0(3D物体回避機能)
    X1 OMNI搭載「True Detect2.0」が進化したVer.で、物体をミリ単位でリアルタイムに感知して安全かつ迅速に障害物を回避。

といったように、

どちらも高性能な障害物回避機能が採用されているので、購入の決め手は「カメラ機能の有・無」「全体的な機能」が比較のポイントになりそうですよ。

エコバックスDEEBOT『X1 OMNI』はこちら↓

比較と違い⑧:クリーニング機能

より多彩な機能で清掃できるのは、吸引と水拭きを組み合わせることのできるDEEBOT T20 OMNIです。

新モデル『DEEBOT T20 OMNI』には、新たに2つのクリーニング機能が追加されています。

2023年発売DEEBOT T20 OMNI」に搭載

  • モップ自動リフトアップ機能
    ⇛カーペットを検出すると、自動でモッププレートをリフトアップ。
  • エッジディープクリーニング機能
    ⇛長く伸びたモップパッドが、壁際3mmの距離までコーナーに近付いて回転クリーン。壁際の清掃カバー率がより向上。

モップ自動リフトアップ機能』が追加されたことにより、吸引と水拭きを個別に組み合わせて行えるようになりました。

この自動リフトアップシステムは、物体を正確にレーザーで感知し、カーペットを検出すると、自動でモップを持ち上げ、掃除機モードへと切替えてくれます。

ライフスタイルに合わせて活用できる

  • モップのみ
  • 掃除機モードのみ
  • モップ+掃除機同時モード
  • 掃除機→モップモード
  • モップ→掃除機モード

エコバックス公式動画で見てみる

壁際までしっかりとロボット掃除にすべて任せたいという方にも、『エッジディープクリーニング機能』を搭載したDEEBOT T20 OMNIの購入がおすすめです。

フローリングもカーペットも安心お任せ!

DEEBOT X1 OMINI×
DEEBOT T20 OMNI自動リフトアップ機能
エッジディープクリーニング機能

自動リフトアップ機能の搭載により〝本当に任せられる〟頼れるロボット掃除機へと完全進化!

以上の8点が、

ECOVACS(エコバックス)DEEBOT『X1 ONMI』と『T20 OMNI』の違いになります。

エコバックス『DEEBOT X1 OMNI』はこちら

エコバックス『DEEBOT T20 OMNI』はこちら

フローリング+カーペットの部屋のお掃除、ペットのいる家庭壁際までしっかりと清掃したい方はT20 OMNIを選ぶと間違いなし!

エコバックスDEEBOT『X1 OMNI』と『T20 OMNI』どちらがオススメ?

エコバックス『DEEBOT T20 OMNI』はこんな人におすすめ

2023年6月発売の新型『エコバックスDEEBOT T20 OMNI』がおすすめな人は、以下の通り。

こんな人におすすめ
  • 家電はホワイト派
  • 価格よりも機能性を重視したい
  • 吸引力の強い製品が欲しい
  • とにかく掃除の手間を省きたい
  • 吸引と水拭きを個別に組み合わせたい
ポイントはココ!

吸引力は驚異の6000Pa自動リフトアップ搭載

スクロールできます
水拭き・水量調節スケジュール設定
自動ゴミ収集音声アシスタント
進入禁止エリア指定見守りカメラ
自動充電(帰還)モップ自動洗浄温水55℃
清掃モード4パターン障害回避システムTrue Detect3.0

\手間を省いて全てを任せたい人におすすめ/

エコバックス『DEEBOT X1 OMNI』はこんな人におすすめ

2022年3月発売の旧型『エコバックスDEEBOT X1 OMNI』がおすすめな人は、以下の通り。

こんな人におすすめ
  • 家電はブラック派
  • 価格は少しでも安い方がいい
  • 物体回避能力を何よりも重視したい
  • 搭載カメラを活用したい
ポイントはココ!

見守りカメラ・地平線Sunrise3チップ搭載

スクロールできます
水拭き・水量調節スケジュール設定
自動ゴミ収集音声アシスタント
進入禁止エリア指定見守りカメラ
自動充電(帰還)モップ自動洗浄冷水
清掃モード2パターン障害回避システムTrue Detect2.0

\障害物回避やコスパ重視の人におすすめ/

エコバックスDEEBOT X1 OMNIとT20 OMNI|概要と共通機能

概要を一覧にまとめてみました。

商品名 DEEBOT X1 OMNI DEEBOT T20 OMNI
本体カラーブラック×シルバーホワイト×シルバー
本体重量
(バッテリー含む)
本体 : 4.45kg
収集機 : 14.3kg
本体 : 4.4kg
収集機 : 14kg
サイズ
(WxDxH)
掃除機本体:
362x362x103.5mm
ゴミ収集スタンド:
448*430*578mm
掃除機本体:
362x362x103.5mm
ゴミ収集スタンド:
448*430*578mm
ダストボックス容量
(ml)
400ml300ml
吸引力5000Pa6000pa
最大稼働時間最大260分最大260分
清掃音 (dB )62dB≤66(sweep)
≤68(sweep&mop)
電源方式 (mAh)5200mAh5200mAh(Li-ion)
充電時間約6.5時間約6.5時間
静音設計

『エコバックスDEEBOT X1 OMNI』はこちら↓

新モデル『エコバックスDEEBOT T20 OMNI』はこちらから↓

では、『X1 OMNI』と『T20 OMNI』の共通機能を見ていきましょう!

共通の機能①:ECOVACSアプリで細かな設定が可能

エコバックスDEEBOT『X1 OMNI』と『T20 OMNI』は、どちらもECOVACS専用アプリに連動。

アプリから清掃の詳細設定が可能

  • 各清掃エリアの設定
  • 禁止エリアの指定
  • タイマー設定
  • チャイルドロック
  • 自動再開 など
ECOVACS HOME

ECOVACS HOME

Ecovacsposted withアプリーチ

ロボット掃除機は、アプリに連動したものがおすすめですよ!

共通の機能②:充電時間&連続稼働時間

エコバックスDEEBOT『X1 OMNI』と『T20 OMNI』は、どちらも5200mAhの大容量バッテリーを登載し、最長で約260分間の連続使用が可能です。

ロボット掃除機の平均稼働時間は、約60〜90分が主流といわれており、120〜150分で最長クラス。約260分の稼働時間は、業界トップレベルの稼働時間といえます。

本体のバッテリーが少なくなってきたら、自動でスタンドまで戻ってきて充電!

共通の機能③:最大60日分のゴミを自動収集

画像引用リンク先:楽天市場

エコバックスDEEBOT『X1 OMNI』と『T20 OMNI』は、どちらも最大60日分のゴミを収集し、10秒で本体にあるゴミをすべて吸い上げる「自動収集機能」が搭載されています。

ゴミ捨ては、約2ヶ月に1度でOK!

共通の機能④:本体に話しかけるだけで清掃スタート

画像引用リンク先:楽天市場

エコバックスDEEBOT『X1 OMNI』と『T20 OMNI』は、どちらもAI音声アシストテクノロジー「YIKO(イコ)」を搭載しています。

〝オッケー、イコ〟と話しかけるだけで本体が起動し、自動的に清掃がスタート。

共通の機能⑤:最先端AI技術で障害物を把握

画像引用リンク先:楽天市場

エコバックスDEEBOT『X1 OMNI』と『T20 OMNI』は、どちらも「TrueMapping 2.0テクノロジー」を搭載。

家の構造を全方位でスキャンし、家具の位置や間取りなどを、迅速かつ正確にマッピングしてくれます。専用アプリからも、3Dフロアマップが簡単に作成できるので、どこからでも素早く操作が可能。

共通の機能⑥:モップ自動洗浄と熱風乾燥

画像引用リンク先:楽天市場

エコバックスDEEBOT『X1 OMNI』と『T20 OMNI』は、どちらも「全自動クリーニングステーション」が採用されています。

走行中にモップ本体の水分量が少なくなると、自動でステーションに帰還してモップを洗浄。モップの清潔さを保ちながら、しっかり水拭きを行います。

また、清掃後の汚れたモップも、収集ステーション内にあるタンクの水でキレイに自動洗浄し、「熱風+高速回転」「快速+静音乾燥」でモップを乾燥。

モップに生乾きの嫌な臭いが残らないのは、嬉しいですね!

↓ 別売りのDEEBOT専用洗浄液はこちら ↓

\ポイント最大9倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

共通の機能⑧:就寝中も使える静音設計

エコバックスDEEBOT『X1 OMNI』と『T20 OMNI』は、どちらも静音設計が採用されているので、テレワークや子供が寝ているときなども、安心して使用できます。

〝掃除中の音の大きさが気になる〟という方も、余計な騒音を気にせず、好きな時間に心置きなくフルで活用することができますよ。

『T20 OMNI』の動作・音をチェックしてみる

就寝中も気にならないレベルの静音設計!

『エコバックスDEEBOT X1 OMNI』はこちら

新モデル『エコバックスT20 OMNI』はこちら

【まとめ】エコバックスDEEBOT X1 OMNIとT20 OMNIの違いを比較!どっちがおすすめ?

以上、ECOVACS(エコバックス)DEEBOT『X1 OMNI』 『T20 OMNI』 の違いをお伝えしました。

おさらいすると、違いは次の8つでしたね!

8つの違いはこちら

  • 本体カラー
  • 吸引力の強さ
  • 価格設定
  • ブラシの素材
  • 清掃モードの数
  • モップの洗浄温度
  • 障害物回避システム
  • クリーニング機能

仕様や価格などに違いは多くありますが、ロボット掃除機として求められる基本的な機能には、どちらのDEEBOTも大きな違いはありません。

それよりも、エコバックスDEEBOT『X1 OMNI』または『T20 OMNI』の購入の決め手として検討したいのは、

  • ロボット掃除機に求めるものは?
  • どこまでのこだわりがあるか?

という点ですね。

価格よりも機能や性能面を特に重視したいという方は、高機能ですべてを手間なく全自動でこなしてくれる、上位機種の DEEBOT T20 OMNI の購入が良さそうですよね。

一方で、価格を少しでも抑えつつ、高性能なロボット掃除機を欲しいという場合は、断然 DEEBOT X1 OMNI の方が求めるニーズに合っているといえます。

またデメリットとして、

本体の大きさ・サイズを挙げている声もあるので、寸法などは購入前にしっかりとご確認下さいね。

決断のポイントは、価格・何を重視するかという点になりそうですね。人気ランキングなども参考になりますよ!

こんな人におすすめ

DEEBOT X1 OMNIがおすすめの人

  • 家電はブラック派
  • 価格は少しでも安い方がいい
  • 物体回避レベルを何よりも重視
  • 搭載カメラを活用したい

DEEBOT T20 OMNIがおすすめの人

  • 家電はホワイト派
  • 価格よりも機能性を重視したい
  • とにかく掃除の手間を省きたい
  • 吸引と水拭きを個別に組み合わせたい

『エコバックスDEEBOT X1 OMNI』はこちら↓

新モデル『エコバックスT20 OMNI』はこちら↓

エコバックスDEEBOT X1 OMNIとT20 OMNIをお得に購入する方法

\只今キャンペーン実施中/

楽天カードはお持ちですか?

今なら新規入会で5,000ポイントをもらえるキャンペーンをやっています。

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物はもちろん、コンビニやドラッグストア、飲食店やガソリンスタンドなど色々な場所で使えます。

また楽天カードを使うことで、いつもの楽天市場でのお買い物ポイントが3倍になります。

楽天カードのキャンペーン

  • 楽天カード新規入会&利用
    楽天ポイント5,000ポイント付与
  • 楽天ゴールドカード新規入会&利用
    7,000ポイント付与
  • 楽天プレミアムカード新規入会&利用
    8,000ポイント付与
  • 楽天ANAマイレージクラブカード新規入会&利用
    12,000ポイント特典プレゼント
  • キャッシング枠をご希望
    最大で2,000ポイント付与

>>>楽天カードの新規作成はこちらから

持っていると様々な面で使い勝手の良いカードなので、もしお持ちでなかったら、ぜひこの機会に作って下さいね。

ポイント分を差し引いた金額で、お得な購入ができますよ!

ー ブログランキング参加中 ー
にほんブログ村 PC家電ブログ PC家電レビューへ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次